Skip Navigate Section
募金サイト イーココロ! そらべあ 著作権について考えてみよう! 著作権保護期間の延長に反対します!
ほっとけない 世界のまずしさ いい人とわるい人、あなたも教えて欲しいですか? WWAコンテスト WWA RANK


とれるNo.1で、地球も一緒に大掃除  週刊ブログランキング  無料レンタルサーバ 「land.to」  FC2 Blog Ranking
トラックバックポリシー /最新トラックバック一覧   WWA素材配布中  WWAサイトリンク  Information

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWAサイト紹介(簡易レビューつき)

今後この記事の編集でサイトを追加していく可能性大です。
レビューは作品ごとの評価で、どの作品を評価するかは独断と偏見で選んでいます。
短編・・・30分でクリアできる?
中編・・・2、3時間でクリアできる?
長編・・・かなりの時間がかかります。
★・・・多いほど高評価。おススメです。
☆・・・★半分くらいの評価。微妙?(笑)

なお、WWAって何よ?というあなたはこちらへ。
キャラバンサークル




天使の血悪魔の涙
メリノピロトさんのサイト。現在小休止中ですが、ゲームはプレイできます。
素材も充実しています。欲しい画像は大抵ここだけで揃うはず。

中編「僕のミーシャ」★★★★★
仕掛けや謎が適度にちりばめられており、難易度はやや高め。
逆にそれがいい手ごたえになってゲームバランスがとてもいいです。
シリアスなストーリーもしっかりしていて、プレイ後も心に残るゲームです。

長編「World End Story」★★★★
ドラクエ風のWWAで、シリアス度は低め。難易度は中~やや高い程度。
所々に見られるギャグやパロディが軽快で楽しいです。
油断していると「ぶっ!?」と吹き出す場面もありますのでご注意を(笑)

短編「メェメェヒツジの冒険」★★★☆
手ごたえのあるパズルゲーム。
練習ステージから本番へステップアップする感じなので、存分に悩むことが出来ます。
なお、このゲームは効果音アリがおススメ。かわいいですよ(笑)




街角
荒らしと戦う管理人青トマ氏のサイト。
ゲーム以外のコンテンツも力入ってます。

長編「キングスロードII」★★★★
戦って戦って強くなるRPG。ある意味王道です。
戦略や工夫で多少楽にはなりますが、難易度はかなり高め。
エンディングは2つあり、真のエンディングを見るにはかなりの時間がかかりますが、やってみる価値はあるはず。
達成感は保障できます(笑)



茅の苫
個性的な作品を次々発信してくれる、そーさんのサイトです。
WWA本来のシステムでも、独自のシステムでも楽しませてくれます。
さらに、各ゲームには「攻略」ページがあり、詰まった時の救済もされています。

中~長編「WAR!」★★★★☆
WWAのシステムを踏襲しつつ、装備の組み合わせを戦略的に組み立てないとクリアできないという異色作。
主人公4人にはそれぞれ特色があり、その選択でも難易度はかなり変わって来ます。
自分で難易度を選択できる点も含めて、おススメの作品。

中~長編「WAR2」★★★★
前作とのストーリー上のつながりはありません。
WAR!の装備システム+「アイテム集め」+「謎解き」で、難易度はこちらの方が若干上かも。
裏技や隠しパスワードなど、やりこみ要素も増えています。

中~長編「エビルスクエア」★★★★
話題の最新作。コマンドバトルシステムを採用しています。
システムが複雑すぎて解説できないので、とりあえずやってみてください(笑)
今まで主流だったMIDIではなくmp3のBGMを使ったり、キャラクターボイスをつけたりなど、ゲーム本編外でも新しい試みがされています。




多くの細い道
伊藤検事さんのサイト。
お絵かき掲示板に連載のSOVAYAも、一部で大人気です(笑)
ゲームの種類が幅広く、きっとお気に入りの作品が見つかると思います。

中編「The hidden treasure of rupan」★★★☆
戦闘よりも謎解きがメインのダンジョンもの。
いくつかは勘で乗り切ったのは内緒です。(爆)
謎解きの間はセーブが出来ませんが、それが適度な緊張感になっています。
セーブ制限を最も効果的に使った作品の一つだと思います。

短編「ワナワナ」★★★☆
短編ですが難易度は高め。
魔王となって罠で侵入者を撃退します。
戦略が試される作品です。




MIRAGE
水雨さんのサイト、娯楽の海の別館。
ストーリーものの作品が多いです。

中編「White Ring」★★★★
王道のようでいて、仕掛けやパズル要素が個性的な作品。
作品中にも注意がありますが、スキルの習得順によってはクリアが出来なくなります。
敵を倒す順番にも注意が必要ですが、難易度はそこそこです。











ちょびちょび書いてくだけでも疲れますね、、、(笑)
スポンサーサイト

ブログランキング参加

私には荷が重いかなと思ってやってませんでしたが。
、、、何の荷物だろうそれは、というポイントに思い当たりまして(爆)
まー、とりあえずいろいろやってみようかなというわけで。
軽く行きましょう、軽く、ね(笑)

ランキング参加のとりあえずの目的は、TRPGとWWAの知名度アップを図ることです。
、、、まあ、出来なくてもいいか。
ぶっちゃけまずは、来てくれりゃ何でもいいです(笑)


知名度アップを大義名分にした以上はリンク記事とかも書いとかないとですねー。
近日中にアップします。
一見さんはよろしければまた来てくださいな。
良いゲーム揃ってますよー。私が作ったわけじゃないですけど(笑)

かぼちゃパンツに赤マント



若干ですが私もエビスクに刺激されてます。
転送量オーバーで苦心されてるようなので、あれ以来サイトにも寄ってませんけど(笑)

三国志の依頼に伴って凍結していた作業を少しだけ進めました。
全力で心をこめてNPCにも満たない脇役の画像を仕上げています。
・・・・なぜそこにこだわるんだ、私・・・・!!
完成してもきっと誰も見てないぞそんなところ・・・!!!(爆)

いつになったら本編作り始めるんでしょうねぇ、、、(笑)

わぁぁぁっ

蜃気楼

トップの絵、ものすごく好きです。
もともとカエル好きなのでカエルだけでもときめきますが、なんかもう抱えられてる感じとか、鉄板(?)にしがみついてるというかよじ登ってるみたいな感じとか、めっちゃ可愛いんですけどっっ!!?(語気荒げすぎです)

たまには普段使わない表現で検索するのも面白いですね。
普段なら「王様」で検索しますが、今日は「王さま」を探してました。
目当ての画像はまだ見つかってないですが、とりあえずこれだけの収穫があれば満足かも(笑)

見つけた!

「夕色」さんを発見。
サイトへのリンクは許可制らしいのでアンカー無しでアドレスだけ。
、、、結果的にはリンク張ってんのと変わんないですけど(笑)

島風
http://www.geocities.jp/shimakaze_yuuiro/

この名前、結構何年も使ってますが、私自身以外で使っているのを見たのは今回が初めてです。
こちらの夕色さんはyuuiroさんのようですが、うーん、なんか不思議。

島風は1ヶ月前に開設したばかりのサイトのようで、サイトの内容だけだとどんな方なのかあんまりわかりませんけど(笑)
、、、それは私にも言えることですね、失礼しました(笑)

まだちゃんとは内容を見ていないですが、なんとなく応援したいですねー。
名前が同じだけなんですけど(笑)
音楽好きも共通点になるんですかね?


最近あんまり夕色と名乗る機会がないですが、もうちょっとアピールしてもいいのかな。
とりあえず、ブログのAUTHORだけは地味に変えておきました(笑)

ネタ切れにつき三国志



スクリーンショット。
左上になんかはみ出してるのとか四神なのに3匹しか居ないとか誰が誰だか分からないだとかそういうのは気にしないように。
当然ですが配置には全く意味はありません。

さらに画面中央と下段左端のキャラは同一人物の別バージョンなので同じ顔じゃんかとか心配しないように。
福耳さんです。福耳さん。他に特徴ないです。(爆)


あ。別ゲームに用意してたステータスアイコン出してら(爆)
いずれどこかで見かけても思い出しちゃダメですよー。


そろそろ誰でもいいんでコメントくれないですかねぇ、、、。
この路線でありなのかどうか悩みながらやってくのって、結構きついんですよ(笑)

再燃。

作るかどうか迷ったんです、このカテゴリ。
で、迷ってるうちは作らなかったんですが。
、、、結局作っちゃった=□○_

現在TRPG熱が再燃しています。
他のこと何にも手に付かないくらい(笑)
だってー、遊びたいー、遊びたいー、遊びたいーーーー(うるさい)

もう何ヶ月もセッションしてないし!!
限界です。身体もきついけどもう無理。我慢が出来ない。
というわけで、新規にオンラインセッションのサイトに加入することにしました。

水の音色(使用ルール:ソードワールドRPG)

今まで根城は月光華亭だったんですが、現状水の音色のほうがセッション数は多いんですよね。
(月光華亭、水の音色、ともにオンラインソードワールドセッションの王手サイト。)
チャンスが限られている自分としては少しでもチャンスをゲットするしかないわけで。
結構重複メンバーもいるので、違和感無く入れそうです。
これからお世話になりますねー(注:誰も見てません)>水の音色の人々

エビルスクエア

茅の苫にて長編WWA「Evil Square -case by brave-」が公開。
早速プレイ。

、、、すっげー。
「碧海」時代から凝ったシステムの作品を連発されてましたが、どれくらい緻密に組んでるのかが想像できないですよ、これ。
多分DATファイルをそのまま見せてもらってもさっぱりわかるまい!(威張るな)

まだ攻略しきってないですが、ストーリー本編の面白さより、他作品のキャラが続々登場する場面に「ニヤリ」とさせられますね。
ちょっとしたバグも見つけましたが、すぐに修正されたみたいです。
、、、ああ、パスワードセーブが無効に、、、、ひぃぃぃ(笑)


ちなみに、素材描いてる人間の一人として、、になるんでしょうか。
そーさんのキャラクター画像、大好きなんですよ、私。
服のセンスとか、キャラクターの雰囲気とか。
特にWAR2の主人公4人が特徴があってグー。
女性キャラのロングスカートがいいんですよ、ええ。

今回の作品の主役3人も、前例に漏れずおしゃれですね。
トップページの広告にあるキャラ絵がまたいいんですが、WWAのキャラ画像に、ちゃんとある程度反映されてるのがすごいなあと。
多分ご本人の服のセンスがいいんでしょうね(笑)

・・・私はほら、資料書き写すしか能が無いですから(/◇;)


とりあえずプレイの方は一旦休止。
時間のあるときにじっくりやらせてもらいます。
・・・いつになるか知りませんが。(爆)

しっかし、今回のはいい起爆剤になりそうですかね。
大いに燃えてください(笑)>刺激された製作者諸氏

6人目の武将



難しそうだなーと思っていた眼帯ですが。
案外簡単にごまかせました(爆)
魏軍の武将はほぼ「三国無双4」のゲームキャラをモデルにしてます。
鎧のデザインとかほとんどそのまま参考にさせてもらってますが、多分微塵も再現できてないんで気にしないで下さい(爆)

やっぱりですね、主要キャラが一目でそろい踏みしてる資料が少ないです。
検索じゃ限界がありますねー。
まあでも、「ごまかし」と「想像力」と「でっち上げ」で強行突破する所存です。
、、、せめて古本屋には資料探しに行きたいけどなぁ、、、。
どこにそんな暇があるんだ?(爆)

ダンジョンズ&ドラゴンズ

えー。今回はおすすめとかどうとかじゃなく。
欲しい!(爆)

とりあえず「TRPG」という単語を知らないあなたはまずこちらへ。
自分で自分の書いた記事を薦めるのはさすがに寒いんですけどね(笑)


で、本題。
ダンジョンズ&ドラゴンズ ベーシックセット 発売(TRPG.NET)

ソードワールドのオンラインプレイが主の私ですが、D&Dの伝説はよく耳に入ってます。
うう、、、学生なら、一緒に遊ぶ仲間が居れば、迷わず買うのに、、、!!
TRPGを始めたのもオンラインでなので、残念ながらオフの仲間は居ないのです(/◇;)

もし、身近にノリのいい仲間が居るなら、テーブルゲームでも買うつもりで、一つ投資してみませんか?
20年前プレイしていた人の何%かはわかりませんが、けっこう今も現役で遊んでます。
20年も持つ趣味への投資なら、安いですよ、ホント(笑)

ハイペース、、かも



なんかすごい勢いで描いてますね。
1日に1キャラ完成って結構すごいんですけど(笑)

で、魏の総大将風キャラです。
意外と雰囲気出てると思うんですが、、、どうでしょう?

依頼主からの反応が無いのが一番困るんですけど(笑)
反応がなければこのままそろえます。
後からの改変依頼は受け付けませんのでお早めにー。
多分チェックしてないんだろうとは思うんですけどね(笑)

とりあえずこんな感じ、、、。



まだ完成品じゃないつもりですが、一応動きはこんな感じで。
、、、孔明風なのにアクティブすぎるー(しくしく)
動きの研究も課題ですね。

とりあえずは一旦加工を凍結して、他武将のデザインを考えてみます。
よし、魏に入るぞーっ!

(おそらく最も難しい=印象に残ってない呉が一番辛いと思われー)

リクエストにお答えして

製作報告として更新しました。

劉備風

三国志、というリクエストで。
取り掛かってみたものの、三国志の登場人物をほとんど覚えていないという事実にいきなりぶち当たっております(笑)
よく考えたら読破したの10年以上前ですか?(爆)

というわけで。
どのキャラが誰に見えるかは使用者(またはプレイヤー)にお任せする方向で頑張ろうかと。
いくら作者が言い張ってもしょうがないですから、、、ですよね?
いや、決して読み直すのが面倒だからとか、そういうわけじゃ(目を逸らし)

2頭身の方が特徴出しやすいですかねぇ、、、。
かわいくなっちゃうのが難点ですが。
一応5頭身くらいバージョンも何点か作ってみましたが、ピンと来ないです。

↓ちなみに、劉備(?)と一緒に作った人



誰?(爆)いや、ホント誰よ?(爆)

今のところ、関羽、張飛、諸葛亮はそれっぽいのが書けてます。
意識して避けてきたのに、どうしても横山光輝氏の三国志風に見えるのは何ででしょう?
特に孔明がそれを元にしたようにしか見えない、、、。

まあいっか!(軽っ)

「幸せではないが、もういい」

未読です。
未読ですが、あまりにも気になるタイトルなのでメモとして残しておきます。

作者はペーター・ハントケ。
母親の自殺を期に書かれた作品だそうです。
内容はなかなか難しそうですが、ぜひ読んでみたいです。

これ、書いた人もすごいですが、邦題付けた人もすごいですね。
原題もこのままのタイトルなんでしょうか。
短い一文だけで相手にいろいろ考えさせる言葉は大好きです。
明快に相手に伝えるのも一つのスタイルですが、考えて、悩んで、答えを捜してもらえるような言葉は、きっと忘れませんよね。

とりあえず、ゆっくり探してみることにします。

君に届くかわからないけど

ほぼ同時期にネットを始めて、初めてのネットの友達でもあった人のサイトが閉鎖しているのを、今、見つけました。
長いことネットやってるんだし、彼とも近頃はほとんど交流無かったし、そんな風にして別れた人たちも、たくさん居るけど。
・・・もっと話したかったな。
今頃言っても遅いけど、やっぱり私にとって、あなたは特別でした。
だから、何も言わなくても友達で居られるって、油断してたのかな。

忘れないって、言葉だけ残されても、やっぱきついよ(笑)
でも、いつかまた会えるって信じたい。
だから、私は私のまま、変わらずに、たぶんここに居るから。
夕色の名前は絶対に変えないし、あの場所も、できる限り残しておくから。
戻ってきた時は、挨拶くらいするように!!
じゃないと、泣いて謝るまで一生忘れてやらない。
、、、多分謝っても忘れないけどね(笑)

次会うときはきっと違う名前だろうけど、さよならとか言いたくないから細かいことは見逃す方向でよろしく。

またね、selye!

上を向いて歩こう

日航機墜落事故から20年。
小学生にもなっていなかった私ですが、意外にはっきりと記憶に残っています。

ドラマを横目に見ながら書いていますが、、、重いですね。

去年だったか、日航機のボイスレコーダーを元にしたFLASHを見たことがあります。
日航機が実際に飛行したルートを地図上で再現しながら、その時点のボイスレコーダーの音声を載せてあるという作品でした。
http://mito.cool.ne.jp/detestation/ja123.html
(かなりショッキングです、注意)

この事故はなぜ起こり、どんな教訓を得て どう活かされているのか。
正直今の時点では、何も知りません。
20年目の今日、まるで競うかのようにテレビで特集が組まれています。
ただ同情を誘うだけでなく、ただ痛ましい過去を再現するだけでなく、何が残ったのか、私たちが忘れてはいけないことは何なのか、教えてくれる内容であることを願います。


今も世界中で歌われている「上を向いて歩こう」を歌っていた、坂本九氏も、この事故で亡くなりました。
これからも、彼の歌を聴くたびに、事故を思い出すと思います。
「スキヤキ」が歌い継がれていくように、事故の記憶も風化しませんように。

音の虜の宣伝活動

商品情報へのリンクとしてアマゾンアソシエイトを利用しています。
購入の際はイーココロ!経由でどうぞ。

▼The LOVE
「溺愛」はインディーズでの作品ですが、いつの間にかアマゾンでも扱ってる模様。
HMVのサイトで探すと視聴もできます。
HMVへもイーココロ経由でどうぞ(笑)




▼TWO-MIX⊿DELTA(TWO-MIX)
10余年の活動で時期によって毛色がだいぶ違います。
とりあえず最新の作品から、今後を見守るのも面白いかと。
中古屋の安売りに手を出す前に今のを聞いてっ!!(笑)

期待が高まってるところですが

関連サイト:
WWA集約地 旅人的WWA WWAコンテスト再生計画
第4回WWAコンテスト
WWA Search


正直私、第4回WWAコンテストの結果を見たときには、「「WWA」のコンテストじゃないな、これ。」と思いました。
投票者の大半は、WWAをやりたいんじゃなく、「ポケモンのWWA」をやりたいんですよね、多分。
で、それを打破したい作者も何人か参加しているはずなんですが、ミズノシズクで開催されている限りは絶対に無理だな、と結果を見て痛感してました。
(注:公式発表では1位しか出てませんが、あるルートで第2位がどの作品かは知ってます。)

もし第5回がミズノシズクで開催されても、参加するつもりはもうなかったですね。
まあ、ポケモンだけが不参加を決めた理由ってわけじゃないですけど。


そういう意味では、事情はいろいろあるようですが、コンテストの主催者が変わる運びになったことで、私もいろいろ期待をしています。
今まで参加を見合わせていた作者の新規参入もあるかと思いますし。
技術的な面では伝龍さんには及ばないかもしれないですが、できることがあればいくらでも協力させてもらいますんで。
よろしくおねがいしますm(_ _)m>SP.さん

で、宣伝活動については全面的に賛成。
というか、頼まれなくても勝手にやるつもりでした(笑)
多少費用をかけることになっても、今のままでは私も納得のいく評価をもらえそうにないので。
実際どんな評価になってるのかは、さっぱりわかりませんが(爆)

それと、できれば半年に1度か1年に1度くらいのスパンに設定して、準備期間を十分に取ってもらえればそれでいいかな、と。
運営側の準備も、十分に整えていただきたいです。
今回みたいなバタバタ+コミュニケーション不足は絶対に勘弁して欲しいので。

今までのコンテストの人気作者諸氏は受験やなんかでお忙しいようなので、思い切って来年の4月くらいに設定してもいいかもしれないですね。
それだけあれば何かしらできる、、はず。
期間が長ければ、チーム作品も出品されるかもしれないですし。
コンテストはどうあれ、チーム作品の製作はされているという噂も聞きますし(笑)

やっぱりそろそろ、他の作者を刺激するような大作ができて欲しいなと思う昨今。
、、、狙うか!(何を)

ネットワークの醍醐味

昨日歯医者で目にした雑誌に、レオノール・フィニという女流画家の記事が載ってました。
ちょっと興味を持って検索してみたところ、また別の面白そうなものに遭遇。

art random内、「人生のセイムスケール」。

フィニの名前もそこに載っていたので検索で引っかかったわけですが、過去の有名人を寿命別にカテゴリわけして、同じような年数を生きた人たちと見比べてみよう、というようなもので。
現在、1800人を超える人生が納められているようです。
ぼんやり眺めててもなかなか面白そうですね。

興味を持った人物については、またさらに調べてみるもよし。
導入としての価値が高そうです(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。